So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

カッコウが似合う尾瀬沼畔の朝(2017.6.17.) [尾瀬沼より]

“尾瀬沼 野鳥便り”は一年ぶりの更新です
私は体調を崩して久し振りの尾瀬入りでしたがビックリしたことが2つあります

それをご紹介する前に
いつもの事ながら野鳥の声で目覚める尾瀬沼畔の朝はうれしいですね
カッコウ カッコウ と爽やかな声が響き渡る朝

朝食前に玄関を出て見ると遠くの木の上で鳴くカッコウがうっすら見える
左の写真の通り朝霧に霞む木の枝に溶け込んでいて確かにわかりにくい

caDSC_4414.jpgcaDSC_4425.jpg

朝食を済ませてもう一度同じ木の上を見ると今度は右の写真の通りはっきりとカッコウの姿

暫くすると別の所に移動して再びカッコウ カッコウと美声を響かせる

caDSC_4426.jpg

やはり尾瀬沼にはカッコウが似合う

時々 「カッコウの声は良く聞こえるが姿が見えない」 と聞かれる事があります
が、声のする方の木の天辺に見える事が多いので尾瀬では比較的よく目にする野鳥の一種です
但しカッコウの姿を探すときは必ず立ち止ってお願いします
でないと歩いていて木道を踏み外すとそれこそ大変!!

前回のブログは昨年の6月になりますがそこではオオジシギの姿がありました
今朝はその姿は見えませんでしたが鳴き声は朝に晩に良く聞こえてきます

今回の上山でビックリしたその一つは
今年は雪解けが例年より遅く花や野鳥も2週間位いつもより遅いように思う

こちらは残雪の燧ケ岳をバックに今見頃の水芭蕉

cDSC_4460.jpg

ミネザクラやチシマザクラも今が見頃を迎えています

cDSC_4431.jpg

ダケカンバも一斉に芽吹き新緑が尾瀬沼周辺のさわやかさを演出しています

間もなくワタスゲやニッコウキスゲ等の花々が次々に湿原に広がる季節になりますが今から楽しみ

今回尾瀬沼に着いてもう一つビックリした事はこちらです

cDSC_4446.jpg

尾瀬沼ビジターセンターの立て替え工事と言うことで長蔵小屋の玄関前の林が無くなっていました
その変り様にビックリしたのは私だけでしょうか?

林を飛び交っていた野鳥達の楽園が一つ失われた感じで野鳥ファーストの私には大変なショック

その林ではウグイスの声が頻繁に聞こえていたがそのウグイスの子育ては今度はどこで?
色々な野鳥が林の周りに姿を見せていたが今はどこへ??
時に野兎も林を出入りしていた姿が頭をよぎり寂しい限りです

新しい建物が出来るその暁にはその周りに木々が育ち再び野鳥達も楽しめる緑が蘇ることを期待して止みません

私には昔からあちこちで次の様な標語の呼びかけを目にしたのが思い出されました

     〇〇の自然を皆の手で守ろう!!
     草木や花などは絶対に折らないでね!!
     とって良いのは写真だけ!!
     ゴミは持ち帰りましょう!!
     また来る日の為に。次に来る友の為に!!
 
“尾瀬沼 野鳥便り” は今後も尾瀬に入りました時々にお伝えできればと思います
尾瀬沼畔の長蔵小屋の手伝いをしながら探鳥を楽しんでいますので機会ございましたらお立ち寄りください

前々回のブログで <”尾瀬沼 野鳥便り” の5年間を振り返る> を合わせてご覧いただけます
尾瀬を探鳥で歩かれる時のお役に少しでもなれば幸いです
nice!(3) 

オオジシギが盛んに舞う尾瀬沼畔(2016.6.10) [尾瀬沼より]

2016年最初のブログ更新です
ダケカンバの新緑も眩しい尾瀬沼東岸の周辺での野鳥様子です

この時期の楽しみの一つはオオジシギ
朝夕の食事の前後に山小屋周辺の湿原へ出て見る
“ジュビ シュバ ズュバ”と何とも不思議な鳴き声が聞こえてきます

朝食の後上空を駆け抜けるその正体に迫りますが、動きが早いのでなかなかカメラが追い付かない
まぐれに撮れたその姿がこちら

caabDSC_3325.jpgcaabDSC_3215.jpgcaabDSC_3327.jpg

暫くの間滑空した後 “ゴゴゴゴー”と羽音を響かせて上空より湿原に急降下
口を空けて深呼吸を繰り返しているようなその表情

cabDSC_3334.jpg

夕食後日もすっかり落ちた湿原に出る
“シュビ ズビー シュバー”と右から左からその音は移動するかのように聞こえる

そして “ゴゴゴゴゴゴー ヒュー”とまるでオオジシギの音楽会の様に不思議で楽しい一時が毎夜繰り返されています
近いうちに神奈川の地元から探鳥の仲間が見えるその時までこの音楽会が続いてくれますように!!

尾瀬沼畔では日はまだ明けない内から“トッキョキョカキョク”とホトトギスの声に目が覚める
周りが明るくなる頃窓を開けるとウグイスやアカハラの声が響く

玄関から出るとイワツバメが上空を舞い近く高木の天辺ではカッコウが声を張り上げている

cabDSC_3310.jpg

朝食のあと山小屋の近くを散策するのも野鳥好きにはたまらない一時となる
別館裏の森や尾瀬沼の北岸の森に一歩入ると透き通る色々な野鳥の囀りが聞こえてくる
ヒガラ・キクイタダキ・メボソムシクイ・ルリビタキに加えエゾムシクイ・ツツドリ等々の声等々

ウグイスもあちこちで美声をひびかせている

cabDSC_3355.jpg

高木の上ではアカハラが遠くまで響く名調子を聞かせる

cabDSC_3372.jpg

そしてこちらはうっとりするほどの美声を響かせているキビタキ

cabDSC_3246.jpg

ミソサザイの声も森の新緑に響かせる
モズもあちこちで“ギチギチギチ”と忙しい

cabDSC_3281.jpg

今年の私のテーマのひとつはチゴモズとの出会いだがモズの声がする度にカメラをつい向けてしまう

尾瀬沼北岸を歩く時、何回も足を止め尾瀬沼の眺めに心も癒される
この時期カイツブリやマガモの親子連れを目にすることがある
この日はマガモのメスが2羽の雛をつれていた

cabDSC_3251.jpg

マガモのオスは子育てには我関せずでオス同士でたむろしている

cabDSC_3287.jpg

尾瀬沼の上空にも気が抜けない
ミサゴが旋回して水面に飛び込むのを目にすることもあるからだ

昨年同様オオルリとの出会いは多いように思う
オオルリハはこの時期高木の頂きで美声を張り上げている

cabDSC_3264.jpg

今年は積雪量が少なく雪解けも早く水芭蕉も既に見頃を過ぎていますが、次々に高山植物が目を楽しませています
ムラサキヤシオツツジも綺麗な花をつけ緑に映えるこの頃

cabDSC_3273.jpg

大江湿原の周りを取り囲むようにシカの食害防止ネットも昨年同様設置された

cabDSC_3289.jpg

大江湿原では7月にはきれいに咲き揃うニッコウキスゲ群落がみられるのを多くの人が楽しみにしています

多くの野鳥で賑わい沢山の高山植物が楽しみな尾瀬沼畔の今です
年々双眼鏡片手にされ尾瀬を歩かれている方も増えているように思います
尾瀬沼周辺の野鳥観察ポイントも折に触れご紹介いたしますので尾瀬沼畔の長蔵小屋で声を掛けてみてください

“尾瀬沼 野鳥便り”も今年で6年目になります
これからも機会ある毎にその時々の尾瀬の野鳥の様子をお伝えしていければと思います

前回の<2015年10月14日>のブログ <“尾瀬沼 野鳥便り”の5年を振り返る>を合わせてご覧ください
そこでもご紹介していますが尾瀬に入られる時と同じ頃のタイミングのブログを開いてみて頂き
その時々の尾瀬の野鳥の様子がご参考になれば幸いです
nice!(3) 

尾瀬の野鳥 <“尾瀬沼 野鳥便り”の5年を振り返る>(2015.10.14.) [尾瀬沼より]

10月も体育の日を過ぎると尾瀬沼の朝は氷点下になる事もあります
この日は燧ケ岳でも初冠雪となりました

cDSC_2575.jpg

ストーブも恋しくなり煙突掃除も山小屋では欠かせません

cabDSC_2556.jpgcDSC_2544.jpg

そして山小屋では冬支度がはじまります
こちらは雪に備えて冬囲いをする元長蔵小屋の様子です

cDSC_2563.jpg

この時期になると例年アトリが姿を見せるようになりますが今年は例年より遅い感じ

アトリが見られるこの時期になると私は仲間より一足先に下山となります

そして “尾瀬沼 野鳥便り”も2011年にスタートして丸5年
この機会にこの5年間をまとめる形で振り返って見たいと思います

こちらがこの5年間の私の “尾瀬の鳥見コース” をイメージ図にしたものです

c尾瀬探鳥コース.jpg

この中で 何回も歩きブログにも登場した代表的な鳥見コースは ①と② になります

それは
① 尾瀬沼畔及び長蔵小屋周辺での探鳥-----長蔵小屋周辺で最も多く登場する事に
② 尾瀬沼から尾瀬ヶ原間の尾瀬の縦断のコース-----標高差約300mとなり環境にも変化があるコース

地図の下方には縦断コースの標高差イメージを表しました
その環境変化から野鳥の棲み分けをイメージ頂き“尾瀬の探鳥”をされる時の参考にして頂ければ幸いです

その①と②のコース別にブログに登場したタイミングとその時々の代表野鳥を一部をリストアップしてみます
ご関心のあるブログを開いてご覧いただければと思います

①尾瀬沼畔及び長蔵小屋周辺での探鳥ブログからその一部のご紹介します(最近のものより遡る順です)
2015.8.13(ダイサギ)、2015.8.10(コウノトリ)、2015.6.20(ホトトギス)、2015.6.18(コマドリ)
2015.6.16(ミソサザイ)、2015.6.12(キビタキ)、2014.6.5(キクイタダキ)、2014.5.30(カッコウ)
2013.10.1(ヒドリガモ)、2013.8.27.(ウソ)、2013.8.26(ゴジュウカラ)、2013.8.21(カイツブリ)
2013.8.13(ウソ)、2013.8.5(ミサゴの漁)、2013.7.30(ホトトギス)、2013.6.8(ハリオアマツバメ)
2013.7.28(ツツドリ)、2013.5.29(イワツバメ)、2013.5.26(アカハラ)、2012.9.1(ウグイス)
2012.8.12(マヒワ)、2012.7.22.(ニューナイスズメ)、2012.6.10(ハチクマ)、2012.6.9(メボソムシクイ)
2011.10.15(アトリ)、2011.10.10(エナガ)、2011.9.25(マガモ)、2011.9.10(ウソ)
2011.9.7(ウグイス)、2011.8.13(オオアカゲラ)、2011.7.14(ホシガラス)、2011.6.29(カワラヒワ)
2011.6.13(コマドリ)、2011.6.4(ミソサザイ)、2011.6.1(モズ)、2011.5.28(アカハラ)

これらの中から私の大好きな野鳥 “コマドリ” 写真を2枚抜き出してみました

ccabDSC_0657.jpgccabDSC_1018.jpg

②尾瀬沼~見晴十字路~尾瀬ヶ原探鳥のブログからその一部をご紹介します
   2015.7.14(ジョウビタキ)、2015.6.27(コマドリ)、2013.6.18(オオルリ)、2014.6.1(ホオアカ)、
   2013.10.7(ホシガラス)、2013.7.18(クロジ)、2013.7.3(アカゲラ)、2012.9.9(ハチクマ)
   2012.7.5(カヤクグリ)、2012.6.20(オオジシギ)、2011.6.14(コルリ)
  
こちらの中からの一枚は広々した尾瀬ヶ原を独り占めしている感じの“オオジシギ”です

cb06.14.12.P6152837.jpg

2年前にもそれまでの“尾瀬沼 野鳥便り”3年間のまとめ編を4回に分けて載せていますので併せてご覧下さい
2013.10.10. “尾瀬沼 野鳥便り”の3年を振り返る・序
2013.11.01. 尾瀬縦断で見える野鳥の棲み分け “尾瀬沼 野鳥便り” 振り返り編 ①
2013.11.22. 野鳥の繁殖も盛んな尾瀬 “尾瀬沼 野鳥便り” 振り返り編 ②
2013.12.10. 季節感を伝える野鳥達 “尾瀬沼 野鳥便り” 振り返り編 ③

ここで以前にもご紹介しましたが、私が大変気に入っている聞きなしを振り返って見ます
それは尾瀬を実際に歩いている時に思いついた私流の2つの聞きなしです

“これから これから これから” と “もうちょっとだ~”の2つです
初めのは “メボソムシクイ” で2番目は “ルリビタキ”

尾瀬の樹林帯を歩くときは道すがらその声と姿を比較的多く楽しませてくれる野鳥です
亜高山帯を歩かれるときには思い出してみてご一笑頂ければ光栄です

最後にこれまでのブログにも登場した写真より私の特に印象の強い写真2枚
いずれも長蔵小屋裏手のビューポイント付近からのカットです

c07.02.10.P7026895 - コピー.JPGcab10.06.13.IMG_2427.jpg

以上 “尾瀬沼 野鳥便り” の5年をまとめる意味で振り返りました

私はこれからも可能な限り尾瀬探鳥を楽しみにしています
私がこれまでも出会えていない尾瀬の野鳥と出会いの機会はまだまだ多いと思います
そして新たな発見がある度に野鳥を通して尾瀬の魅力をお届けできればと思います

これまでの5年間にわたり “尾瀬沼 野鳥便り” にお立ち寄り頂きありがとうございました
またこれからも宜しくお願い致します。

nice!(1) 

尾瀬沼で羽を休める渡り途中のカモ達(2015.10.02) [尾瀬沼より]

季節の変化は早く尾瀬も今が草紅葉の真っ盛り
この時期の野鳥達の往来もすっかり秋を告げています

こちらは部屋の窓越しに見える今日の大江湿原の様子です

cabDSC_2404.jpg

その大江湿原に出て見ると草紅葉の中を飛び回っているのはノビタキでしょうか
毎年この時期に見せる長閑な湿原の風情です

cabDSC_2337.jpgcabDSC_2333.jpg

尾瀬沼には北国からのカモ達が今年もやって来て羽を休めています

ccaDSC_2384.jpg

ヒドリガモやホシハジロ等々
例年より一週間近く早く姿を見せているように思います
その数も日増しに増えて行きます

その尾瀬沼で8月8日に姿を見せたコウノトリ(2015.8.10ブログ)は2日間尾瀬沼に留まった後は仙台方面へ移動した事がその後わかりました
このコウノトリは千葉県の野田市で放鳥された3羽の内の1羽だったようです
あちこち旅をして再び尾瀬沼に立ち寄る日のことを期待しています

コウノトリに続いて8月中旬に訪れたダイサギ2羽は今も尾瀬沼畔で優雅な姿を見せていています
かなり遠くからのショットですが中央部の木の上に白い2羽の姿が見えますでしょうか?

ccabDSC_2370.jpg

この時期になると毎年気になるのがアトリの集団の一時滞在です

4年前(2011年10月15日ブログ)の大集団とまではいかなくても例年数多くのアトリが我々を楽しませてくれています
が、果たして今年は? 期待は膨らむばかりです

こちらは今の尾瀬沼畔です
この日の夕方と翌日3日の朝のビューポイントからのパノラマ写真を撮ってみました
今の尾瀬沼の雰囲気がお伝えできているでしょうか(?) と思いまして!!

ccabDSC_2469.jpg
ccbbDSC_2465.jpg

アトリの集団が見られる頃になると私も下山の時期を迎えます

“尾瀬沼 野鳥便り”も今年で丸5年になりますが
下山の前に“尾瀬沼 野鳥便り”の5年を振り返り そのまとめ編を次回にお届けしたいと思います。

nice!(2) 

ダイサギも渡りの途中尾瀬沼に立ち寄り(2015.8.12.) [尾瀬沼より]

前回はコウノトリの尾瀬沼へ5日間の一時立ち寄り?
とお伝えしましたが
今度も大型のサギの仲間が尾瀬沼にお目見え

尾瀬沼に10羽以上もいるアオサギとほぼ同じ大きさでダイサギの仲間の様です

cabDSC_1900.jpg

そのアオサギが自分の縄張りを珍客にとられまいと何回も襲いかかる

cDSC_1904.jpg

そしてアオサギは近くの高木の上に陣取りダイサギを見張ります

cabDSC_1766.jpg

こちらはダイサギが来て3日目の様子ですが既に仲良し(?)

cabDSC_1972.jpg

秋の空気が感じられるようになり野鳥の移動も目につくようになっています

暫くは長蔵小屋の周辺を歩いたり上空を見上げたりして、渡りの野鳥に気が抜けません

この時期の尾瀬沼で目にする水鳥たちはマガモやカイツブリの親子達
こちらはマガモの兄弟たち

cabDSC_1695.jpg

そしてこちらはカイツブリ
餌をとる為に潜水した親を探す雛たち

cabDSC_1944.jpg

その親が水面に浮上すると親を目がけて一斉に駆け寄り餌を欲しがる雛たち

cabDSC_1953.jpg

毎日どこからか通ってきてお決まりの場所に陣取っているこちらはカワウの一団

caDSC_1798.jpg

野鳥達がそれぞれに戯れる尾瀬沼周辺の湿原では秋の花々が目を楽ませてくれています

cDSC_1795.jpgcDSC_1867.jpg

ccDSC_1837.jpg

nice!(1) 

尾瀬沼に立ち寄ったのはコウノトリ? どこから来て次はどこへ?(2015.8.8) [尾瀬沼より]

午後の昼下がり野鳥仲間からの情報が耳に飛び込んできた
見慣れない野鳥が湿原に・・・・

カメラを片手に飛び出すと
尾瀬沼の対岸の湿原に、かなり遠いが確かにその珍客の姿があった

cabDSC_1646.jpg

どうやらコウノトリでは? 
そのコウノトリを威嚇するようにアオサギも時々近寄って来るが動じる様子はない

コウノトリの立ち寄りが日本でも時々確認されていると言うので今回尾瀬沼にも立ち寄ってくれたのかもしれない?

翌日の朝、対岸の浅湖湿原に足を伸ばしてもう少し近くから観察することに

餌となるカエル等を狙ってか抜き足差し足で動き回る

cabDSC_1729.jpg

その餌をぱくっと一瞬で飲み込んだ

cabDSC_1733.jpg

そして嘴で身の周りを丹念にお清め

cabDSC_1707.jpg

足には調査のマーキングがあるので尾瀬への足跡が分かるかも?

こちらは羽を少し広げて伸びをする姿

cabDSC_1764.jpg

羽を広げて羽ばたく姿は畳一畳ほどになると言うからさすがに存在感はある

次の日の朝にはその姿は見えない
多分今回の尾瀬沼での滞在はほぼ5日前後

今頃は果たしてどの辺りに降り立ったのだろうか!?
湿原の空気感もこのところ変わってきて秋はもうすぐ
野鳥の渡りのシーズン到来で尾瀬沼でも暫く渡りの野鳥が楽しめそうです

nice!(2) 

秋の気配がじわりと忍び寄る尾瀬沼(2015.8.2) [尾瀬沼より]

この夏は特別なのか暑い日が続き地元の横浜はこの日も朝から25℃を越えていた
浅草について電車に飛び乗ると, そこはエアコンも程よく効いていてほっとする
会津高原尾瀬口でバスに乗り換えて終点の沼山峠へ
そこは標高約1700mの爽やかな高原、日差しは暑いが空気は既に秋の気配
野鳥の声を楽しみながらいつもの様に沼山峠の森の中を散歩気分で進む

7月後半から8月に入ると野鳥の囀りはそれまでとは様子が少し変わる
この辺りではヒガラ・コガラの幼鳥も含めた集団に出会うことが多い
双眼鏡でその集団を見ていると中には、キバシリやゴジュウカラなどが目につくことがある

caDSC_1525.jpg
caDSC_1522.jpg

カッコウ・ホトトギス・メボソムシクイ・コマドリ・ウグイス等の声も聞こえて来る
この日はルリビタキのさえずりが圧倒的に多く それがまた秋の気配を強くしている感がする

cabDSC_1621.jpg

またこの頃になると カケスが親子で姿を見せたりホシガラスの声も耳にすることが多くなるように思う

野鳥の声や姿を楽しみながら歩くこと約1時間、大江湿原が突然広がる
湿原を通り抜ける爽やかな空気が何とも言いようがなく気持ちが良い

湿原ではコバノギボウシ・コオニユリ・ワレモコウ等々、花々が秋の気配を一層感じさせる

cbDSC_1630.jpgcbDSC_1627.jpg

尾瀬沼畔ではヤナギランが咲き出していた
秋はもうすぐそこにきている
nice!(1) 

ジョウビタキの囀りに聞き入る尾瀬ヶ原の朝(2015.7.13) [尾瀬沼より]

この日は大阪より尾瀬を訪れてくれた友人達と共に尾瀬ヶ原に出かけ一泊することに
そしてもう一つの期待はジョウビタキの囀りと元気な姿との再会です

そのジョウビタキはこの日も木の上で美声を聞かせてくれていたのです

cDSC_1330.jpg

2週間前(2015.6.27.)にもその声と姿はたっぷり堪能させてもらったが今日も元気そのもの
普段は野鳥に特別な関心の無い方も ジョウビタキは冬のシーズンに家の周りで一度は目にしている野鳥

夏の繁殖期には遠く北の国に渡るジョウビタキ
だがここ尾瀬でもこの時期その姿を見せ綺麗な声を聞かせてくれているのには感動ひとしおです

次の日の朝、友人達に別れを告げた後 ジョウビタキの姿にもう一度対面して尾瀬沼に戻る私でした
そして尾瀬沼への峠にはいる
朝靄の中木道を少し進むとそこはもう朝日の差し込むブナの森がなんとも気持ちがよい

cDSC_1348.jpg

アカゲラのドラミングが響き、ウグイス・コルリ・ホトトギス等々野鳥の声も森にこだまする
そして美声の持ち主のキビタキはこの時もお目見え、その姿は何回見てもうっとりします

cabDSC_1341.jpg

緑に囲まれた山道を登る足取りも多くの野鳥の声に後押しされて軽くなります

話は前日にさかのぼりますが
木道の途中で休まれていた80歳を過ぎとおっしゃっていたご婦人に合流
一緒に尾瀬ヶ原まで下っていった
関西方面から来られたそのご婦人は尾瀬沼に一泊されて燧ケ岳に登って来られた
その足取りはとても80歳代には見えない健脚振りに敬服

野鳥にも興味を持たれている方で 野鳥の話も盛り上がっての山歩き
今朝登られた燧ケ岳で出会ったというイワヒバリの幼鳥のお話も伺いながら

そして“尾瀬沼 野鳥便り”も楽しみにチェックされていて 幼鳥のお話は特に面白かったと伺い嬉しさも倍増
なんとも楽しい尾瀬歩きの一時を与えて下さったお姉さん(私よりもちょっと人生の先輩の)と
大阪より訪ねてくれた友人達に感謝です

そして美声を今回も聞かせてくれたジョウビタキにも感謝の2日間でした

nice!(1) 

夏の到来を感じる尾瀬沼畔の朝(2015.7.10) [尾瀬沼より]

この日も朝から陽射しが強い
が,空気は清々しい
尾瀬沼は大江湿原まで霧にかすむ朝を迎えた

1caDSC_1263.jpg

今朝は珍しくカケスの“ギャー”という一声で目が覚める
ウソの“フィー フィー”の美声もすぐ近くで聞こえていた

キセキレイも山小屋の周りでハクセキレイに負けじと綺麗な声を聞かせる

3caDSC_0333.jpg

尾瀬の至る所で耳にするウグイスもこの時期山小屋の近くでもよく見かける

4cabDSC_0330.jpg

山小屋の前ではイワツバメがこの時期もまだ巣材集めをしていた

2cDSC_0621.jpg

湿原ではニッコウキスゲが咲き出しだています

cDSC_1428.jpg

今回は山小屋の周りでどなたもが目にする野鳥たちからその一部を取り上げました
尾瀬沼の朝はいよいよ清々しい夏の到来感じさせています

nice!(2) 

尾瀬沼から尾瀬ヶ原の探鳥へ(2015.6.22) [尾瀬沼より]

山小屋の朝は早い
いつもの様にホトトギスの声で目が覚める
梅雨の季節とあって天候の変わる日が続いているが、この時期の尾瀬は次々と咲き出す花々と緑で気持ちがいい
そんな中今日は尾瀬沼(標高1665m)から白砂峠を通って尾瀬ヶ原の見晴十字路(標高1400m)への探鳥へ

長蔵小屋の玄関を出ると朝靄の中アカハラの囀りが近くに聞こえる

1caDSC_0731.jpg

“キョロンキョロン”と聞こえるアカハラの見送りに気をよくして出かけた

大江湿原に入るとホオアカの早口の囀りが近くに聞こえる
立ち止って暫くその姿を探すが見当たらない

ccDSC_0750.jpg

やっとの事で草陰に僅かに頭がみえるその主があった
まるでかくれんぼしているかの様なホオアカ、草むらに少しだけ頭を出すその姿が見えますか?

尾瀬沼の北岸を進むと間もなくカッコウの姿があった
逆光だがカメラを向け一枚

3cDSC_1052.jpg

カッコウの声に混じってツツドリの声も聞こえる
“ぽぽ ぽぽ ぽぽ ・・”と筒を叩くような奥深いツツドリの声に誘われて森の方を見ている時
遠くのオオシラビソの木に鳥影が見える、そしてもう一羽が少し離れて止まっていた

4caDSC_1058.jpg

かなり離れてはいるが、その声と姿で ツツドリと分かり感動がこみ上げてくる

左手の尾瀬沼の岸辺に居眠りしているマガモ、その手前にはどうやら卵を抱いているカイツブリも見える

6ccDSC_1046.jpg

今年も間もなくすると、水面に浮かぶマガモやカイツブリの親子連れがハイカーの目を楽しませてくれるようになる

こちらはその近くの草むらに見えたオシドリの姿

5caDSC_0159.jpg

今年も運が良ければオシドリの雛とも会えるかもしれない

沼尻の休憩所でトイレを済ませてから、尾瀬沼に目をやりながらコーヒーで一息、
沼尻湿原で今が盛りのチングルマを暫く楽しんだ後白砂湿原へ

白砂湿原手前でオオルリの声に混じってコマドリの声が聞こえてくる
すぐ近くで声がするのでその姿を探すと高木の頂点にその姿があった

6cabDSC_1017.jpg

逆光だがオオルリの様に高木の上で囀るその姿はいかにも堂々としている
このコースはコマドリの声はあちこちで聞こえ、例年に比べ個体数が多い感じ

いよいよ白砂峠へ、100m位上った後は尾瀬ヶ原へ約400mの高度差をひたすら下る

オオルリの声を耳にする度に、高木の梢を注意しているとその姿が時々目にとまる

cabDSC_0811.jpg

道中コガラやヒガラの声も頻繁に聞こえてくる

cabDSC_0842.jpg
cabDSC_0850.jpg

途中巣材をせっせと集め巣作りに懸命のミソサザイも姿を見せてくれた

7caDSC_0799.jpg

標高1600m位からはブナが多い広葉樹林帯にガラッと環境は変わるとキビタキが多くなる

cDSC_0866.jpg

その中にコルリやコマドリ等々色々な野鳥の声が聞こえて来る
そんな林道を下って行くとき、大きな切り株の上に可愛い花のつぼみを見つけた

8caDSC_0992.jpg

暫くすると見事に成長した何株ものショウキランの姿が例年楽しめるポイント
ヒロハツリバナやハウチワカエデ始め様々な楓にも目を奪われながら峠を下って行く

まもなく標高1400mの尾瀬ヶ原が開けた時聞いたことのない野鳥の声が遠くに聞こえてきた
以前にも何度かこの時期尾瀬で出会っているジョウビタキが今年も囀っていたのです

8caDSC_0957.jpg

朝、長蔵小屋を出発するとき、山小屋の仲間が“今回もよい出会いがありますように”と
送り出してくれたが、それがこのジョウビタキとの出会いに?

ジョウビタキが尾瀬でも繁殖しているのかもしれない??
自分ではまだ確認出来ていないが果たして!!

十字路でひと休みした後、ジョウビタキの姿と囀りを再度楽しんだ後三条の滝方面の湿原の散策に出た

ホオアカが早速、湿原に綺麗な声を出している
その他にもノビタキも姿を見せ、空にはヒバリが囀り上空高く駆け抜けたのはアマツバメの感じ?

10ccabDSC_0880.jpg
11cDSC_0775.jpg

夕方近くになると今日の楽しみの一つオオジシギのショウ、
オオジシギが独特の鳴き声と羽音を出して右へ左へ移動している様子が今回も出現
その姿をカメラに撮ろうと試みたがまだ使い慣れないカメラの為か上手くいかない

オオジシギのショウを堪能している内に辺りはすっかり夕暮れに
気がつくと湿原に続く木道を独り占めしていた

今回もジョウビタキやコマドリの囀りにも出会えた心躍る鳥見の一日に感謝して山小屋に戻った
温かいお風呂で冷えた体が癒され、温かい食事に疲れもすっかりとれ今日も幸せな一日となった

今回の見聞きした野鳥をコース順にまとめてみます。
*上記メモや写真に登場の野鳥―――ホトトギス、アカハラ、ホオアカ、カッコウ、ツツドリ、オシドリ、マガモ、カイツブリ、オオルリ、コマドリ、ミソサザイ、ヒガラ、コガラ、キビタキ、コルリ、ジョウビタキ、ノビタキ、ヒバリ、アマツバメ、オオジシギ
*上記以外の見聞きした野鳥―――アオサギ、カワウ、ハシボソカラス、キジバト、ニュウナイスズメ、ハクセキレイ、キセキレイ、イワツバメ、トビ、ウグイス、アオジ、ウソ、キクイタダキ、モズ、メボソムシクイ、クロジ、サメビタキ、ルリビタキ、エゾムシクイ、カケス、ゴジュウカラ、センダイムシクイ、ハシブトカラス、クロジ、オオアカゲラ、シジュウカラ、アカゲラ、カワラヒワ、フクロ―

他に不明種3種でしたが、約50種のバードウォッチングとなりました
尾瀬に来られた折にはこのコースを一度歩く事お勧めです。野鳥ファンには勿論ですがこれまで野鳥を意識されていない方もこの時期次々と現れる野鳥の声にきっと癒される事と思います。

nice!(2) 
前の10件 | -